大航海時代Online:で、大航海時代オンラインなのですが。

2005.02.26 (Sat)

MoEも少しやってて、ちょっとした進展などあったのですが、それはまた後ほど。
今日はひたすら航海してました。
寝ようかどうしようか迷いつつ日記書きます(笑)


今日はダイキチ兄貴と一緒に、二人で同じクエを受けて航海しようということに。
冒険者ギルドのクエで初めての戦闘を体験してみたのですが、
相手の海軍演習船、兄貴の砲撃一発で撃沈。……弱い。
交易をまじえながら、あらゆる街を点々とする二人。
休憩がてら、酒場で座ってまったりすることに(´∀`)

なんかこう、座り方に性格が出てるというか。
culoの手をぶらーんとさせた座り方、萌え!(ぉ
と、見知らぬ女性が兄貴の隣に座ったので、しばらくお話。
大きな船に乗った商人の方で、鉱石商か何かだったと思います。
上陸地点の情報などを教えてもらいつつ、その方とはお別れ。


と、マディラという街が気になったので、冒険者ギルドのマディラ行きクエを受けてみる。
一旦セビリアへ行ってからマディラへと向かう私たち。
入港許可のマップには載っているものの、孤島の為進んでいる方向が正しいかどうかの判断が難しい(;´Д`)
陸に沿って船を走らせていると、街が見えてくる。どうやらカサブランカのようです。
……というか、危険海域なのがものすごく心配なのですが。

カサブランカで交易品を買いそろえ、今度こそマディラへ。
モロッコ海賊とかがうようよする中、蛇行しながらマディラを目指す。
(;´Д`)こわいよー
ようやくマディラに到着、クエストをこなしていると、ラスパルマスという街の名前が出る。確かマディラ経由でラスパルマスへ行くクエがあったような?

ダイキチ>そこもいってみようか
culo>先に場所を知っておいたほうがいいかも
ダイキチ>だねぇ

というわけで、帰るのはちょっぴり延期してラスパルマスへ。
ここで素直に帰っておけばよかったものを……。


ですが、えーと、ラスパルマスのある海域、海賊がうようようよ……(;´Д`)
そこらかしこに浮かぶ海賊船を避けて避けまくり、なんとかラスパルマスへ。
いつ奇襲されるかとヒヤヒヤしましたが。
帰りは少し迂回して安全な道を通ろうということになり、出航。

ですが

モロッコ来たしorz


一目散に逃走しようとするも、culoの船は海賊の砲撃2発で航行不能に。
なんとか逃げ延びたダイキチ兄貴にひっぱってもらって帰路に就く(;´Д`)ヒィハァ
途中、陸上地点を発見して降りてみたんですが、補給などできるわけもなし、強そうな盗賊の人がうろうろしていたので即座に逃げてきました。
くそう、覚えとけよ!!(`Д´)


さて、補給のためにカサブランカに寄ったあとは、そのまま真っ直ぐにリスボンへ。

長かった!!。・゚・(ノД`)・゚・。
いやー、長いしハラハラドキドキーヌで危険な旅でした!!

ギルドへ戻ってクエストを終了させ、その場でお互いの無事を祝って乾杯。

乾杯、いいですよね。航海って感じで(*´∀`)


さて、その後は酒場であった鉱石商さんから教えて貰った「北の上陸地点」とやらを探しに行ったのですが、それは見つからずに代わりにヒホンという街を発見。
そろそろ軍人レベルも上げていきたい二人は、道すがら弱そうな海賊やならず者を蹴散らして進む。思ったよりも簡単に倒せちゃうんですよね。
しかもオイシイので、敵艦は見つけ次第落とすという血気盛んな殺戮者正義の味方っぷりを発揮しつつ、再び海をうろうろ。

そろそろ正装度を上げようということで、何かいい服はないものかと探し回ってみました。とりあえずculoに似合いそうな帽子を見つけて装備。
おお、うん、いい感じです。気に入った。
さて、ダイキチ兄貴の方は――。

……兄貴、いつから宣教師志望に?

何か商人用の帽子+修道着らしいのですが。運び屋としてそれはどうなのか……!!
私も一瞬ネタで修道着を……と思ったんだけど、ここは私が格好着けておかないと全体的なバランスが間違った方向へ行きそうなので、私はまともなおしゃれを貫き通すことに。

その後イベントがおこり、地中海の入港許可証をゲット。やったー。
culoはまだ正装度5なんですが、地中海方面いくついでにそっちの方の街で探検家っぽい良い服探すことにします。


ダイキチ兄貴が落ちた後、一人で北の陸上地点を探してみて、発見しました。
戦ってみましたが、予想通りというか何というか、普通に死ねました。ありがとう。


うわああああんヽ(`Д´)ノ
スポンサーサイト



03:22  |  大航海時代online  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント投稿

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |