ネタはあれども体調崩しました(謎)

2005.03.12 (Sat)

なんか風邪引いたみたいです(´∀`)
昨日、昼間から頭クラクラしてるのは何でだろうなーと思ってたんですが、
それは発熱の所為だと気付いた瞬間というのがネタだったりとかしまして。
どういうことかというと、こういうことです↓。


昨日の長時間パッチの後、まずはaldでログイン。
ツイスターラン(+グレートエスケープ)の使用中モーションが変わったとのことだったので、どう変わったのか見てみようと思ったのです。
インした場所は広大なレクスール。早速ツイスターを使用し駆け抜けよう、さあ!





………………。


なんというか、スピードスケート選手のスタート直後のダッシュを二倍速で見てるような、そんな感じの動きでした。

こんなのaldじゃない!。・゚・(ノД`)・゚・。

culoは二度とaldにツイスターを使わせないことを固く心に誓ったのでした。(ぇ



その後Maronaで入り直してゴムの樹を伐採していると、SAKUYAさんから「lapinさんを誘ったのでタルパレに行きましょう」とのお誘いが。
ヘボ刀剣のMaronaであそこに行くのは悪い気がしたのでaldで入り直そうかと思ったのですが、よく考えたらaldは現在ド貧困で矢を買うお金も無かったことに気付いたので、大人しくMaronaで戦闘準備をして待ち合わせの港SB前へ。


早速SAKUYAさんを発見したので、
Marona流・愛の挨拶(ぇー
後からlapinさんも到着し、初めましてのroppuさんと共にエイシスへ。

がしかし、予想通りというか何というか、Maronaは途中でアサシンにしばかれ死亡。
lapinさんとroppuさんは転落死、無事タルパレに着いたのはSAKUYAさんのみ。
すぐにSB回収してタルパレに向かうと、SAKUYAさんが下僕を捕まえて待機してました。
が、HPが減っている様子だったので包帯を巻き巻きしてみるMarona。


SAKUYA は パーティ に言った : Σ
SAKUYAはMaronaに抱きついた
Marona は パーティ に言った : たまには素直に愛の解放を(゚∀゚)
Maronaはモジモジした
SAKUYAは感激して涙した

Marona は パーティ に言った : 解放ではなく介抱(ある意味誤字じゃない気もするけど)
SAKUYA は パーティ に言った : 確かにw



(;´Д`)どんな力関係ですか……。
とか言っている間にroppuさん到着、沸いたタルをアタックしていたのですが、
ここで思わぬネタ事件が。


Marona は パーティ に言った : ……間違ってソニックストライクで斧投げたorz
lapin は パーティ に言った : ナイス姉さん



違うんだ!バーサークを使おうとしたんだよ!
パッチが当たってアイコンが一新されたのは良いんだけど色が赤一色なせいで咄嗟の見分けが付かずに間違ってソニックを押してしまっただけなんだyooooooo!!
前のアイコン消していいから色分けしてくれないかな……ハドソンorz



一応持ってくるだけ持ってきてあったブロンズバトルアックスを装備したけど、まだ刀剣スキルが足りないのでかろうじて使いこなせる程度。
こんなんで大丈夫か?(;´Д`)
と思っていたら急にタルタロが大量発生し、SAKUYAさんが死亡。
後を追うようにMaronaも回復が追い付かず死亡。うわーんヽ(`Д´)ノ
今度は霊体のままタルパレを目指す。この時、PTに叩かれているうなぎ王を目撃したMaronaなのですが、それが後々あんなネタに発展するとは。

同じようにうなぎ王を目撃していたSAKUYAさんが「うなぎは死の前兆」とか言っていたのですが、その後のSAKUYAさんの発言でうなぎの恐るべき呪いが明らかに。


SAKUYA は パーティ に言った : もしかしてと思ってたけど37.7あった~(;´Д`)
lapin は パーティ に言った : 調和?
SAKUYA は パーティ に言った : 熱(ぁ
lapin は パーティ に言った : えええええぇぇ
Marona は パーティ に言った : (;゚д゚)
lapin は パーティ に言った : うなぎを見ると熱がでるとか
SAKUYA は パーティ に言った : 昼間から熱が出るとは思ってたんですよ(;´Д`)
Marona は パーティ に言った : (;゚д゚)私も見たけど平熱です隊長
SAKUYA は パーティ に言った : うなぎが犯人ですかΣ(・∀・)!
roppu は パーティ に言った : うなぎ恐るべし((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル



うなぎ王……(((;゚д゚)))
「平熱です」とは言ったものの、体調がどうも変だなーと思っていたMaronaは、「これで私も熱あったらウケるのに」と思い、無いだろうとは思いつつも体温を計ってみる。
その間、うなぎ絡みで更にこのような会話が。


SAKUYA は パーティ に言った : Maronaさんつよ~い(ノ∀`*)
Marona は パーティ に言った : (;゚д゚)弱いです 刀剣60だし(;´Д`)
lapin は パーティ に言った : 強い強い
Marona は パーティ に言った : まだ上手く使えない武器持ってるし(;´Д`)
SAKUYA は パーティ に言った : 俺はかぶってるヘルメットはそれ以前の問題ですよ(;´Д`)
lapin は パーティ に言った : あたしなんて剃刀だよ剃刀ヽ(`Д´)ノ
Marona は パーティ に言った : (腕に合った武器は先程のソニックストライクで…!)
lapin は パーティ に言った : ああっ
lapin は パーティ に言った : ソニックの悲劇...
Marona は パーティ に言った : 他に扱える武器と言ったら木こり斧だけです(手持ち)
Marona は パーティ に言った : なぜそっちではなかったのでしょう なぜMG斧だったのでしょう
SAKUYA は パーティ に言った : w
SAKUYA は パーティ に言った : 打った覚えないのにwって打ってる(;´Д`)
lapin は パーティ に言った : うなぎの呪いだ
lapin は パーティ に言った : wはうなぎのくねる様を表わす記号...ッ
SAKUYA は パーティ に言った : Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
lapin は パーティ に言った : 水の中に斧を投げ込んだオネエ
lapin は パーティ に言った : そしてうなぎ王出現、お前の投げた斧はこの(ry
SAKUYA は パーティ に言った : そしてうなぎ王が出たことにより気絶するおr(ry
Marona は パーティ に言った : 「お前の投げた斧はこの銀の斧か それとも金の斧か」
lapin は パーティ に言った : いいえ、このミスリルアクスです
Marona は パーティ に言った : 「いいえ うなぎ王様 私の斧は青銅の斧でございます」
Marona は パーティ に言った : ミスリルー!?



ケラケラ笑いつつ体温計を取り出してみてアラ吃驚。


Marona は パーティ に言った : そして面白いことにうなぎの犠牲者がもう一人
Marona は パーティ に言った : 無いだろうと思って計った体温が37.6でした(゚∀゚)
SAKUYA は パーティ に言った : Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
SAKUYA は パーティ に言った : 今日は熱日和ですか!
Marona は パーティ に言った : (仮病以外で)滅多に熱が出ないことが取り柄だったのに…(´∀`)
lapin は パーティ に言った : 恋の熱に浮かされてたとかー
Marona は パーティ に言った : マジデー
SAKUYA は パーティ に言った : なるほど(ぇ

MaronaはSAKUYAに抱きついた が力を入れすぎて肋骨数本にヒビを入れた
SAKUYAは折れた肋骨が肺に刺さった



ほんとに、いつも風邪引いても熱が出なくて学校とかサボれないことを嘆いているくらいなのに、なんでこんな時に発熱しますか私(;゚д゚)
でもまあ、39℃近く熱が出ているのに気付かずゲームに没頭していた過去を持つ私がこのくらいの微熱でログアウトするはずもなく、そのまま狩り続行。


……が、ここで本当の事件。
攻撃手段がペットなSAKUYAさんはオルヴァンの山田さんとグリフォンの佐藤さんを、
roppuさんも小さいお姉さん達(アマゾネス)を呼び出していたのですが、
扉の奥から、誰かがポーンやタイフーンを数体トレインして、そのまま姿をくらましたんですよね。私たちは扉の手前の階段で戦っていたので、そこに沸くタルタロも混ざって大混戦。
PC4人は生き残ったのですがペットさん達は……。ごめんよ!/dogeza
おびただしい数のタルタロとペット達の亡骸が転がる光景はもうね。・゚・(ノД`)・゚・。
やっぱほら、なすりつけておいて無言で立ち去るのって良くないよねウン。


そんなこともありましたが、無事に全員がいっちょんとの友好を築くことが出来たので、
そろそろ帰還しようということになりました。
直前にこんなネタの仕込みを発見。


Marona は パーティ に言った : うーん、いいかんじに頭がクラクラと
lapin は パーティ に言った : やっぱりうなぎだよウナギ
Marona は パーティ に言った : そんなに体張ってネタやらなくてもいいのよ私…
SAKUYA は パーティ に言った : あのときに火を通せば平気だったのかなぁ・・・
lapin は パーティ に言った : うなぎの毒:熱が出て消耗する
Marona は パーティ に言った : そんな時こそ使い道のないあの魔法
Marona は パーティ に言った : つ[ キュア ディズィーズ ]
SAKUYA は パーティ に言った : しっかり覚えてるんだなぁ、これが(ぉ
lapin は パーティ に言った : ってマジかけてるし
lapin は パーティ に言った : ネタの仕込みははおこたりないですな
SAKUYA は パーティ に言った : やっぱりculo一家といるとネタにこまらな(ry
Marona は パーティ に言った : 私から見ればSAKUYAさんがネタのにおいをかぎつけて来ているように見えますよ(*´∀`)
Marona は パーティ に言った : SAKUYAさんの出現する所、ネタが生ず
SAKUYA は パーティ に言った : Σ



さて、一体ネタを呼んでいるのはどちらのネタ師なのでしょう?(´∀`)クスクス
そんな感じで港に戻り、アイテム売って分配した後に記念撮影して解散しました。


またいつか狩りに行くことがあったらよろしくお願い致します(*´∀`)ノ




(C)HUDSON SOFT ALL RIGHTS RESERVED.
スポンサーサイト



18:15  |  (旧)MoE日記 E鯖  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント投稿

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |