朝っぱらから熱いやつら

2005.06.11 (Sat)

普段からわりとテンション高めでMoEやってる私ですが、朝っていうのは一層テンションが上がるものですよね。
寝起きならともかく、朝寝る人種だかr(ry

早朝、E鯖のaldがデビルクロウからグレートエスケイプをようやく入手し、
シズマくんでスキル上げついでのネオクビーク狩り(ショルダー欲しいの!)をしようとP鯖にイン。
何気なくフレンドリストを開いて検索してみると、セロリたんが雪原に!


いくー!! ヽ(゚∀゚)ノ


というわけで、北西手前でテレポタクシーしてくれるらしい方に連絡を取って、触媒買いにいく間すこしだけ待ってもらうようお願いし(もう開門してたので)、
とりあえず少なくなっていたパウダーだけ買って(お金そんだけしかなかった!)テレポオールでイプスにイン。
銀行の整理をしていなかったので、食料その他色々は持ったままカオスへ!

朝のカオスなんて負けること前提なんですけど、前回WOOを取りにいった時のような生ぬるいカオスよりは、勝てなくても朝カオスの方が楽しいのですよね。
マゾだしね!!
無敵だった頃の兄貴なんかを思い出して、好きです。


そんなこんなで向かった朝カオス。何の変哲もない朝カオス。
ところが、今日の面子はみんな揃って熱すぎるやつらだった……ッ!!

到着した時点で既に時刻は風の日20時。
辺境で待ってるセロリたんの元へいざ!
と突入してみると、辺境ではなく火の門に辿り着きました(´・ω・`)
この時点で火の門24人。中央に集まった24人の無謀な人たちは、Sayなどで雑談+作戦?いやむしろ気合い?みたいなものを口々に語っておられました。
どこからかPT要請を頂いたのでとりあえず承諾。

と、輪の中にあの御方が……!
辺境のセロリたんの「よろしく」という言葉を伝えるために、どきどきしながらtellさせていただきました。緊張しる!
こちらがサイト持ちだとは明かさなかったので名だし許可忘れ。えへ。


セロリたん、次々に減っていく辺境の人数に困り果て、とりあえず落ちて入り直してみたそうなのですが再び辺境。残った人たちでウン様につっこんで潔く逝かれた模様。
時間的にもギリギリですし、回収して入るチャンスはあと1回。さあ火の門へ!!


シズマ は セロリ に言った : 辺境……!?
セロリ は シズマ に言った : 辺境かよーーーー!
シズマ は セロリ に言った : ごめんね
シズマ は セロリ に言った : ほんとにごめんね
シズマ は セロリ に言った : 笑っても、いいかな?
セロリ は シズマ に言った : へへ、いいよ、思いっきりね
シズマ は セロリ に言った : ふふふ
セロリ は シズマ に言った : ひとり・・・あははひとりだおーーー☆
シズマ は セロリ に言った : あっははははー☆



ネタn(ry
時間切れで入れなかったセロリたんを捕まえて、火の門の戦況を実況するシズマ。
とりあえず辺境帰りの人も加わって、人数は34人。
シズマは手持ちの触媒を少しだけ値引きしての販売に徹することに。
兄貴に合わせて動く集団に、少し離れたところから付き添っていってましたが、ここで思わぬネタが!

クマー!?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
あの御方がクマーになって兄貴に突撃しておられました!ウケた!
最初の方ではある程度兄貴のHPを削ることに成功していたのですが、兄貴お得意の回復により再びHPは全快に……。


セロリ は シズマ に言った : ・・・そっち、楽しそうだな・・・(´・ω・`)
シズマ は セロリ に言った : もうね
シズマ は セロリ に言った : 何もかもが水の泡になっていくこの虚しさの楽しいこと楽しいこと
セロリ は シズマ に言った : ふふふふ
セロリ は シズマ に言った : なんだか、満足している私がいるお
シズマ は セロリ に言った : ふふふ
シズマ は セロリ に言った : ひいい
シズマ は セロリ に言った : カオスワープで目の前に兄貴飛んできて
シズマ は セロリ に言った : ドキュンってした☆
セロリ は シズマ に言った : ひぃぃ
シズマ は セロリ に言った : ときめいた☆
セロリ は シズマ に言った : 積極的ぃ!
セロリ は シズマ に言った : ここできめちゃいなよ!一発きめちゃいなよ!
セロリ は シズマ に言った : 告っちゃえばいいじゃん!
シズマ は セロリ に言った : えっえええ!?
シズマ は セロリ に言った : で、でもお
シズマ は セロリ に言った : 兄貴、いまも沢山の人たちに囲まれて
シズマ は セロリ に言った : とっても人気者なんだもの…!
セロリ は シズマ に言った : メガネをはずしたら、あんたが一番イカしてるじゃん!がんばるじゃん!!



よくわからないtellを繰り広げてる間に、クマー様がお亡くなりに!(゚Д゚;≡;゚д゚)
最初は死者も少なかったのですが、補給物資が無くなっていくにつれて死体も多くなっていきます。兄貴は回復しているし、そろそろ人数が減ってもいい頃か?


セロリ は シズマ に言った : 何人くらいになった?
シズマ は セロリ に言った : 人数変わりなし!
シズマ は セロリ に言った : 熱い……熱い野郎共……!!
セロリ は シズマ に言った : まぢ?!
シズマ は セロリ に言った : 依然34人を保っております
セロリ は シズマ に言った : すげぇ
セロリ は シズマ に言った : じゃあ地の門は腰抜け共か?何人か帰って行ったお
シズマ は セロリ に言った : なんと!
セロリ は シズマ に言った : 火の門・・・熱いぜ・・・!
シズマ は セロリ に言った : 戦士の風上にも置けない野郎共だ
シズマ は セロリ に言った : 裸でウォーメイスを振り回すパンダ兄貴……熱いぜ……
セロリ は シズマ に言った : あぁ・・・とろけちゃう・・・
シズマ は セロリ に言った : もし触媒売り切れたらあとは
セロリ は シズマ に言った : 後は・・・
シズマ は セロリ に言った : こんぼうスキル24のこの私が
シズマ は セロリ に言った : モラズ スタッフで突撃してやります
セロリ は シズマ に言った : モラズスタッフかよ!!!!!11!!



モラズスタッフだよ!!
と、ここでキューブとパウダーの在庫が切れました。500個近くあったのですが、この状況下でまだまだ魔法を撃つ気でいる人たち……熱い!
無くなりましたshoutをすると、全種触媒を寄付してくださる方も!
無料に切りかえて触媒配布を続けることができましたよ。
触媒を持っていく人たちに応援エモして動けない隙をついて兄貴が目の前にPOPという危険すぎる場面にも出くわしたものの、基本的には暇なのでtellの嵐。


セロリ は シズマ に言った : 地の門終わったぽいお
セロリ は シズマ に言った : いっぱい走ってる
シズマ は セロリ に言った : こっちまだ……
シズマ は セロリ に言った : 数は減ってるっぽいけど
シズマ は セロリ に言った : みんな元気に戦いまくってるお…
セロリ は シズマ に言った : ねばってるなぁ!
シズマ は セロリ に言った : 時間切れまでやる気だぜこいつらはよォ!
セロリ は シズマ に言った : ちくしょう!てめぇらすごいぜ!
シズマ は セロリ に言った : 俺は、おれはそんなこいつらのことが
シズマ は セロリ に言った : 好きで好きでたまらねえんだ畜生!
セロリ は シズマ に言った : たまんねぇぜーーー!!!
セロリ は シズマ に言った : みんな大好きだーーー!
シズマ は セロリ に言った : ふふ、パウダー売り切れだってさ
シズマ は セロリ に言った : まだまだやるきだぜこいつらー
セロリ は シズマ に言った : すげぇぜこんちきしょう!

A は シズマ に言った : じゃパウダー100わたします
シズマ は A に言った : ありがとうございます~

シズマ は セロリ に言った : そしてまたパウダーの提供があるわけだ。
セロリ は シズマ に言った : なんだか・・・涙がでてきたよ
シズマ は セロリ に言った : おまえってやつはよ……
セロリ は シズマ に言った : いや、これは涙じゃねぇ。ちょっと汁がこぼれただけさっ
シズマ は セロリ に言った : ふふ…
シズマ は セロリ に言った : う、は!
シズマ は セロリ に言った : 目の前にいるアルケィナの女
シズマ は セロリ に言った : ダスト持ってって何するのかと思ったら
シズマ は セロリ に言った : マイナーバーストで戦ってやがる……ッ
セロリ は シズマ に言った : マ・・・マイナーバースト・・・・!!!!!!
シズマ は セロリ に言った : そうまでして……熱すぎる……!
セロリ は シズマ に言った : やべぇ・・・リアルで目頭熱くなったぜ・・・感動のためか、笑いをこらえるためかはわからないけど・・・
シズマ は セロリ に言った : ふふ……
シズマ は セロリ に言った : この感動を、逃げ出したやつらにも味あわせてやりたいぜ
セロリ は シズマ に言った : まったく、腰抜けどもめ!
シズマ は セロリ に言った : だがしかし、まだ27人いるっ
セロリ は シズマ に言った : そんなにいるのかYOOOOO
シズマ は セロリ に言った : 矢がなくなった弓使いだってキックで戦ってるぜ!
シズマ は セロリ に言った : まだまだ俺たちやれる!
セロリ は シズマ に言った : まぢでぇぇぇえぇぇ
シズマ は セロリ に言った : 銀行に入らないから持ってきた、混ぜ棒
セロリ は シズマ に言った : ぶ
シズマ は セロリ に言った : これも置いた瞬間、誰かが持っていって突撃していきやがった!
セロリ は シズマ に言った : 熱い・・・熱すぎる!!!

シズマ は セロリ に言った : うああ
シズマ は セロリ に言った : 死体が爆発的に増えて……
セロリ は シズマ に言った : !!!
シズマ は セロリ に言った : がんばるんだリザ隊!
シズマ は セロリ に言った : PNQはまだ残ってるッ
シズマ は セロリ に言った : そしてさっきの混ぜ棒の人まだ生きてたぁあああ
セロリ は シズマ に言った : すげええええええ
シズマ は セロリ に言った : まだ、まだ裸に混ぜ棒のままで戦ってる!
セロリ は シズマ に言った : これは笑いの涙?感動の涙?ううぅぅぅ



マイナーバーストには吃驚したよ!ほんと!熱すぎる!!
そして混ぜ棒イイ!
色々な方が配布触媒を提供してくださり、長きに渡って触媒を配布してきたのですが、ついに手持ちの触媒が0に。


シズマ は セロリ に言った : うっし
シズマ は セロリ に言った : 触媒はさばききった
シズマ は セロリ に言った : 逝ってくる!!
セロリ は シズマ に言った : おおお!
シズマ は セロリ に言った : ふふふ
セロリ は シズマ に言った : 一矢報いるのだ





驚け! これがモラズスタッフの威力だ!!
うらああああああ!!!





繰り返す! これがモラズスタッフの威力だ!!!!


そんなことに感動を覚えていると、殴られて見事死亡。裸だぜィェァ!!






補給物資は底をつき、リザ部隊も倒された。
それでも果敢に立ち向かった戦士達は次々と身ぐるみをはがされていき、そしてついに、火の門最下層から、立っている人の姿は消え失せたのだった……。


……ん? いや待て、何かが……何かが違う!!


シズマ は セロリ に言った : いや……まだだ!
セロリ は シズマ に言った : えええ?!
シズマ は セロリ に言った : まだ
シズマ は セロリ に言った : 酔拳聖のやつが……ッ
シズマ は セロリ に言った : あれはセンスレス……!!
セロリ は シズマ に言った : すげぇ・・・すげぇよぉおお!!!!!




そう、全滅したかに思われたのは、彼女がセンスレスを駆使し死んだふりを連発していたからだった! 我々の最後の希望はだったのである!!


シズマ は セロリ に言った : うあああああ
シズマ は セロリ に言った : なんてやつだ!
シズマ は セロリ に言った : キヨミズにチャレンジしやがった……ッ
セロリ は シズマ に言った : おあぁっぁぁあぁあ
シズマ は セロリ に言った : 詠唱キャンセルされたが
シズマ は セロリ に言った : またやるきだぜ!
セロリ は シズマ に言った : みんなの元気を酔拳聖にぃ!!



二度目のキヨミズに挑戦する酔拳聖!
しかし再び詠唱をキャンセルされたようで、またすぐさまセンスレ…………!?


セロリ は シズマ に言った : ま、まさか
シズマ は セロリ に言った : 今度は……今度ばかりはセンスレスじゃねえ
シズマ は セロリ に言った : あいつの命は今……



今度は死んだふりではなく、本当に死んでしまった酔拳聖。
でも、よく頑張った!感動した!何よりすっごく楽しかった!!
ありがとう酔拳聖!ありがとうキヨミズパッション!
その時、時刻は沌の日 23:50分丁度であった。そして迎えた24:00……。


一際小さな肉団子。
しかしここにいるのはどいつもこいつも本当の勇者ばかりだ……!!
よく24時まで持ったもんだ!GJ!!


シズマ は セロリ に言った : なんだよ……もう
シズマ は セロリ に言った : 熱いよ、熱すぎるよ
シズマ は セロリ に言った : ちょっと感極まっちゃったじゃないか
セロリ は シズマ に言った : うん・・・じんわりとね・・・
シズマ は セロリ に言った : ふふ…



そんなわけで、寒い雪原中、裸で待っていてくれたセロリたんと合流を果たし、地下墓地でお着替えをすませて解散しますた。色々ありがとねセロリたん!
こんなに楽くて熱いカオスは久しぶりでした。居合わせた皆様おつかれさまありがとう!
とりあえず、明日の明朝カオスもシズマくんで参加できたらいいなあと思っておりますので、余計な買い物はしないでおきます。銀行がー(;´Д`)






(C)HUDSON SOFT ALL RIGHTS RESERVED.
スポンサーサイト



19:59  |  (旧)MoE日記 P鯖  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント投稿

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |