春眠不覚暁

2006.03.27 (Mon)

FF11の世界、ヴァナ・ディール内で結婚することを通称「ヴァナ婚」と言いますが、
ということはMoEの世界ダイアロスで結婚(システムがないのでRPかな)をすることはダイアロス婚、略して 大根 になるのだろうか?
あ、大航海時代も大根?

ということをバイト中にひたすら考えてましたculoですこんにちは。一旦停止無視して突っ込んでくる車と軽く接触しつつも元気に自転車通勤しております。
見通し悪い上に下りでスピード出て危ないから一停になってるんですよちゃんと護らないとダメじゃないかこのボケ!ダボ!
と方言混じりに心の中で罵倒しつつ運転席を見たら乗ってたのが黒髪眼鏡スーツのイケメンお兄さんでちょっとときめいたりなんてしてない。
何、黒髪眼鏡スーツって。パーフェクトじゃない。私を萌死させたいんか。


そして帰りは途中のコンビニでハム卵サンド(無い場合BLTサンド)とピルクル買って帰ります。毎日の出費がアレなかんじです。
明日はおやすみなのでピルクル2日分買った。
ピルクルうまいね。某ギザアイドルの真似じゃないけど箱で買いたいくらいにうまい。
ただのヤクルト味なのにナンデあんなにおいしく感じるの。パックだから?
もうねコンビニの店員のお兄さん(メガネ)にピルクル女で記憶されそうな勢いで買うますお。日課って良いね。


あーもう色々な意味で寒いお!もうすぐ春だというのに!
誰か私と大根してください^^^^^^^^
SAKUYAさんMaronaへの指輪マダー?

全然関係ない話しましたが大航海の日記を書こうと思ってたんでした。
というわけで書きます。マスケラ取りにアフリカいってきました。
準備したりたまたま出た別方向のウマーなクエやったりしてたら予定よりだいぶ遅くなって、またしても悪夢の土曜日に出航することになってしまいました( ´・ω・)

出発前にミズンフルリグド帆ないかなーとバザーを見回っていたら、特大ラム70kとかあったんですよ。70kですよ?何その破格。
2つあるけど中古品かなーと思って見たんですけどね。
新品じゃないかああああ。迷わず買いました。ラム大好き。


そんなこんなでアフリカ。サントメ南だったかな、PKにあいましたよ。
前にcrawさんがカロネ取られたあの人でした。そして私もカロネ取られました。
保管持ちだからー(どの程度有効なのか知りませんが…)とcrawさんから預かってた新品かと思って一瞬冷や汗が出ましたが自分のでした。良かった(ノ∀`)
今回はPKこれ1回のみでした。しかも見張りを覚えて遠回りルートで進みかけてたにもかかわらずちょっと気を抜いた瞬間に横にいたので自分の不注意ということで納得。
でも真珠痛ぇ('A`)


クエが出てたりしたのと、ついでだからスエズまでは発見しとこうよということでアデンにも寄りました。サハルくーん!ハァハァ。
ちょうど紅海にいくかいかないかのところで大海戦が終わって、PK来そうだからやめとこうということでバスラとかその辺はまた次の機会に。
どうせROTA NOVAのアレでカリカットとかにも行かないといけませんしね。


で、メインのマスケラ。無事マラソン終了です。
おまいがこんなとこにいるから危険海域なんかに来る羽目にー!

もらったマスケラがダマスク織ドルマン(保管ブースト用にリスボンで700kで買ったら現地で売ってたヨ…生産品だと思ってたヨ…)と色が合っててワロチ。

間違ってどっかの街で買った帽子も色が合ってた。
青とか黒ばっかり着せてたけど赤も結構かわいいでつね。
カルネヴァレアービトは何色にしようかな。
マスケラリレー終着点+シナリオイベントのためにヴェネまた行くので、道具枠に余裕もできたことだしカルネもらってきます。
というかイベント終わっちゃうからそろそろもらわないとダメですね。


アフリカにいるときに交易が20になったので(保管でせこせこお酒作ってたら大成功してレベルアップしますた……びもうです)副官雇いました。
美男子がよかったんだけど、クロニだし女の子でもいいかなあとか思ってリスボンのカルディナさんをとりあえず雇ってみた。合わないと思ったら解雇しますけど。
ちなみに名前は「マローナ」ですが、MoEにいる美しいバイーンもっこうしさんとは別人です。ばいーんじゃないしね。


とりあえず副官雇って最初にしたことは「ポルトガル語を忘れる」でした。
副官の利点といったらやっぱり言語支援だよねヽ(゚∀゚)ノ
スポンサーサイト



16:12  |  大航海時代online  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント投稿

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |