音楽のはなし

2006.07.15 (Sat)

あー何度見てもやべえ。

一日に5回くらい毎日欠かさず見ております。全然飽きないお。曲も歌詞もPVも。
これ、以前MTV見てるとき、最後の棺を運び出すあたりからチラッと見て気になってたんだけど、確かそのときミュートにしてたので音ONにしたときには最後の伴奏のとこで曲とか全然わからないんだけど、映像がすてきだったので何となく記憶にあったんですよ。
んでふとしたことでこのPV見つけて大興奮ですよ。すばらしい。傑作だ。
まず曲が良いおー。こういうの好きだおー。サビで泣けるメロディがくるのがハァハァ。
あと半泣きシャウトな歌い方とかツボです。
CDの入手不可能っぷりが腹立ちます。
Amazonのユーズドにはあるみたいだけどクレカ持ってません乙。
クレカ持っといてもいいんだけどどこのを作るのがいいかとかサッパリわからんよ!


ところで、このPV見てるとザ・セルという映画を思い出します。
ストーリーはともかくとして映像が素晴らしい映画でして、犯人の精神世界がそれはもう私の好みのツボにハマりまくりで、好きな映画ランキングベスト5くらいに入る映画なんですけども、
なんで思い出すんだろうとおもったら、PVに出てくる死人の女性が目を開くところが、映画に出てくる漂白された死体の女性の顔にちょっと似てるからだと思った。
そう思ったらボーカルさんが犯人に見えてきたおwww
横向くとちょっとあごの肉がぼよっとしてるとこがなんか似てる。ボーカルさんの方が全然かっこいいけどもw
ボーカルさんの服装がやばいな。黒髪黒シャツ赤ネクタイとか。ツボツボ。


Helenaもザ・セルも私と似たような趣味の方にはピッタリなものだと思いますので、一部の方にはオススメです。
映画の方は一応猟奇殺人系?みたいな感じなんで、内蔵びしゃーとかは無いですけど(あ、すまん一カ所だけあったかもしれん)グrいのとか精神汚染されそうな感じとかが、灰色+ブルー一色の世界みたいな、ダークな感じとか、そういうの苦手な人にはオススメしません。
逆にそういうのが好きな人にはハァh(ry
PV監督出身の人の映画は、キャシャーンのキリキリ監督もそうだけど映像美という部分においてはとにかく素晴らしい作品を作りますな。セルの方はCM監督だったかもしれないけど。
まあ、キャシャーンもセルも個人的にはストーリーとかも結構すきなんですけどね。
スポンサーサイト



23:01  |  Other・お知らせ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント投稿

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |